おじいさんのJAL・ANA搭乗記

JALパック旅行で取得できたマイルを無駄にしない為はじめたJAL搭乗、その他を・・・

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 7日目後半~10日目 バルセロナ~成田

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これからパッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

 

7日目後半~10日目 バルセロナ~成田

 

バルセロナ空港到着は、夜の8時半頃です。
手荷物受取所7番を確認

ポーターさんがツアー参加者全員分のスーツケースを手押し車に積み上げバスまで運んでくれます。
私のスーツケースはどこに、一番下にありました。ファスナー式でなく良かった。

今晩と明日は、「ルネッサンスバルセロナ・ホテル」に2泊です。部屋の冷蔵庫にある飲み物は、全て無料のサービスがついていました。
ホテル到着が9時過ぎで早速夕食です。今晩の夕食は、ホテルでビーフ料理です。
最初はカボチャのスープだったかな?

メインのステーキです。
ローストビーフ?ステーキ?どちらかといえばローストビーフに近いお肉料理でした。岩塩だけの味付けでしたがボリュウムたっぷりで大変美味しかったです。

デザートはナタデココでした。
ホテル料理であまり期待していなかっただけに全て美味しく食べることが出来ました。

ホテルの朝食会場です。
ここから好きな物をチョイスし朝ご飯とします。

コーヒーは、テーブルで給仕してもらえます。
何時もの欲張り朝食です。

最初の観光地は、グエル公園でした。
この柱廊の上は道路になっています。

先ほどの柱廊の全景です。

人だかりが、ここから先は、入場券が無いと入れません。
この先にテラスが広がっています。

テラスには粉砕タイルで飾られたうねったベンチが続いていました。ベンチは思ったよりも座り心地が良かったです。バルセロナの町が一望できました。

テラスの下は、列柱ホールになっています。計画では市場になる予定の場所だったそうです。
ここも破砕タイルで装飾されていました。

列柱ホールの先にある中央階段には、ガイドブックによく掲載されている破砕タイルで飾られたドラゴン?がありました。

テラス、列柱ホール、中央階段
上の方から降りてきました。
コンダクターのHさん、現地ガイドさん、Sさん後ろからすみません。

続いて訪れたのは、サクラダ・ファミリアです。全景がよく見える池の前で記念撮影、この撮影ポイントは、人でいっぱい、順番待ちです。

東側の生誕のファサード、全面キリストの誕生に関わる彫刻で飾られていました。

聖堂内部、奥の方にイエスキリストの像が祭られています。
今まで見たことのある聖堂とは全く違う建物でした。

西側にある受難のファサード、イエスの最後の日々を綴った彫刻があります。

またその上部には昇天するキリスト像があります。

エレベータで昇天するキリスト像の裏側まで行くことが出来ました。

降りるときは階段になります。人一人が通れるくらいの幅しかありません。真ん中を除くと渦の中に吸い込まれそうな感覚になってしまいます。

サクラダ・ファミリアの後は、自由行動に
先ずはサン・ジュゼップ市場に
すごい人混みです。

色鮮やかなマジパンが

香辛料屋さんでサフランを購入しました。

市場の中の通りはこんな感じでした。

内部見学ツアーを予約し楽しみにしていたカタルーニャ音楽堂
演奏会準備の為、内部見学が出来ないことが判りがっかり
とりあえず昔の切符売り場でパチリ

カサ・バトリョ邸へ行ってみると当日券がすぐに買えました。

現金、クレジットカードどちらでもOK

上の写真で2階部分です。皆さんヘッドホンガイドを耳に建物内部の見学です。

屋上です。色のついたところは破砕タイルが貼り付けられています。

続いてカサ・ミラ邸へ、誰も並んでいませんでした。
つい中に入る入場券を買うことに気をとられ建物全景の写真撮影を忘れてしまいました。

まず最初にエレベーターで屋上に行きます。下へ降りる際、建物内部の見学をする仕組みになっていました。

降りて行く階段の手すりもまっすぐではありません。

最後の夕食は、シーフードの盛り合わせでオマールエビやカニの盛り合わせでした。甲羅を剥くのが大変でしたが美味しく頂きました。

デザートの後、コーヒーまたは紅茶が出てきました。

ヨットハーバーの側にあるシーフードレストランでの食事でした。
ツアー最後の夕食を皆で楽しく過ごしました。
明日の朝食時間は、15分ほどしかありませんので、ここでの食事がスペイン最後の食事となります。

朝の8時過ぎにバルセロナ空港に到着

空港でお土産用にオリーブオイルを買いました。

買い物も終え、搭乗口へ、動く歩道もありましたが、大半は歩きになります。

お店エリアから搭乗口まで15分ほどかかりました。

バルセロナから乗り継ぎ先のヘルシンキまでは行きと同じフィンエアーです。
約4時間の飛行になります。後ろから2番目の通路側の座席、すぐ後ろにはこの飛行機唯一のトイレがあります。飛行時間の後半2時間は、トイレ待ちの行列が絶えず、その行儀の悪さから落ち着いて座っていることが出来ませんでした。

ヘルシンキ空港でJALへの乗り換えです。つかの間の時間をラウンジで過ごしました。超満員で座席確保に15分ほど要しました。席に着いていた時間も15分ほどでヘルシンキのラウンジを体験することが出来ました。成田や羽田のサクララウンジが落ち着けると感じました。

JALの飛行機はスペインへ着いた時と同様に沖止めのためバスで飛行機へ、その代わり飛行機のそばで記念撮影が出来ました。

座席は行きと同じプレミアムエコノミーの座席で翼の後ろ部分になります。フィンランドの雪景色ともお別れです。

帰りの夕食は、鶏肉のカシューナッツ炒めを食べました。信州そばやローストビーフ、サラダがありました。
この後ハーゲンダッツのアイスがありました。

その後チョコレートが出てきました。
到着前には、ポークカツサンドが出てきましたが、寝ぼけ眼の状態で写真は撮り忘れました。ちょっとソースがかかりすぎのカツサンドでした。
定刻よりも少し早く成田に到着し、全員の荷物も出てきたところでツアーは解散となりました。


にほんブログ村

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 7日目 グラナダ 「アルハンブラ宮殿」

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これからパッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

7日目 グラナダ 「アルハンブラ宮殿

アルハンブラ宮殿の観光開始です。
ホテルから歩いて「裁きの門」から入場しました。

カルロス5世宮殿の入り口

カルロス5世宮殿の内側

旅行誌などの写真で有名なコマレスの塔

ライオンの噴水
回廊から中庭に入ることが出来ませんでした。望遠で撮影するしかありませんでした。

この天井だけではありません。至る所で施されている細工の細かさにはビックリしました。

貴婦人の塔の前で記念撮影

昨晩夜景を見に行った撮影スポットが遙か遠くに見えました。

上の写真で中央部付近にある工事用クレーン付近に撮影ポイントがあります。昼間でも人でいっぱいです。

アルハンブラ宮殿の観光の後、バルセロナへの飛行機搭乗時間まで時間があったのでグラナダの町で自由行動となりました。
グラナダの街路樹もオレンジの木でした。

お昼ごはんにこちらのお店で、生ハムのサンドイッチを購入しました。

テイクアウト用に1個のサンドイッチを購入し半分にカットしてもらいました。これで半分の大きさです。私たち夫婦には半分ずつでも十分な量ですが、現地の方は女性でも1個を平気で完食していました。イベリコ豚の生ハムが挟んであり美味しかったです。

バルセロナまでこの飛行機で飛んで行きます。
この飛行機に乗る為に、全員が手荷物検査場でズボンのベルトや靴まで脱がされエックス線にかけられました。靴下のままで金属探知機を通り抜けます。
ここまで徹底的な検査を受けたのは始めてで驚きました。

飛行機の中は、2-2の座席で結構狭かったです。1時間半なら何とか我慢できます。


にほんブログ村

 

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 6日目後半 グラナダ

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これからパッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

6日目後半 グラナダ 「ホテル・アルハンブラ・パレス」

 

本日宿泊の「ホテル・アルハンブラ・パレス」です。ホテル入り口の前はすぐ道路です。ホテルはアルハンブラ宮殿の近くで翌日歩いてアルハンブラ宮殿の観光に行きます。市内へ向かうバスのバス停もすぐ側にありました。

ロビーのソファーでチェックインが終わるのを待ちます。内装も外装もイスラム風の豪華なホテルでした。奥の明るい場所に入り口があります。

部屋の中もシックな感じで良かったです。スーツケース2個を広げることは出来ましたが、右側のソファとテーブルをちょっと隅へやる必要がありました。

ホテル前のバス停。今日はツアーに夕食がセットされていません。この後、ここからバスに乗って市内でタパス料理を楽しみます。

コンダクターのHさん案内で全員が参加しました。

バスは、イザベル・ラ・カトリカ広場のすぐ側のバス停で降りました。イザベル女王とコロンブスの像が立っていました。

グラナダの市内にあった有料のトイレ、使用しませんでしたが珍しかったので1枚パチリ

夕食まで時間があったのでカテドラルと王室礼拝堂を観光しました。入場料は必要ですが思いがけない観光に全員で参加しました。案内はコンダクターのHさんです。残念ながら両方とも写真撮影禁止の為写真はありませんが、イザベル女王のお墓やカテドラルの黄金の祭壇などを見ることが出来ました。

夕食時間になったのでタパス料理のお店へ、ツアー参加者全員が一緒に食事しました。私たちは、カウンター手前にあるテーブルで全員仲良く出てくる料理をシェアして頂きました。料理は、現地ガイドの方にお任せとなります。

先ずはコロッケから、クリームコロッケの様な物

オリーブオイルであげたシシトウ
軸の部分まで全て食べられます。

タコをたたいて身を柔らかくしてありました。身が柔らかく食べやすかったです。

甘エビ?を岩塩の上で蒸し焼きにした物です。甘エビに似た味で美味しかったです。

ホタルイカより少し大きめのイカをオリーブオイルで炒めたものです。

イベリコ豚の生ハムです。油が甘く美味しい生ハムでした。周りには乾パンの様な物が添えられていました。

食事の後、タクシーに4人ずつ相乗りしアルハンブラ宮殿の夜景を見に行きました。タクシーを近くに待たせ夜景見学です。見学スポットは人がいっぱいでほとんど明かりもないため治安の心配から短時間の鑑賞となりました。

ホテル・アルハンブラ・パレスの朝食会場です。
テーブルには、ホテルの人が案内、好きな座席には座れません。でもどこに座ってもその雰囲気はすてきでした。

料理には、一つ一つ蓋が、料理名が書いてありますが、言葉の分からない私には開けるまで何か判りません。

いつものように欲張りな朝食です。生野菜とフルーツは欠かせません。
コーヒーとミルクは小さなポットに入れテーブルに持ってきてくれました。ヨーグルトはダノン製、他のホテルでもダノン社以外の物はありませんでした。

ホテルの朝食会場から見た市街地風景です。アルハンブラ宮殿が高台にあることが実感で来ます。


にほんブログ村

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 6日目前半 フリヒリアナ 

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これからパッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 


にほんブログ村

にほんブログ村 JALマイル・JGC修行

6日目前半 フリヒリアナ 

食事の後は、ロンダを後に白い町「フリヒリアナ」へ向かいました。
地中海が見え始めたところでバスが道路の脇へ停車、運転手さんの粋な計らいで展望タイムがありました。
その時にジブラルタルを見ることが出来ました。写真右端の山と海の境目付近にその姿を見ることが出来ます。又この場所からアフリカ大陸もぼんやりと見ることが出来ました。

「フリヒリアナ」のバスの駐車場付近で列車型の観光バスが走っていました。

 f:id:metabonoojisan:20170509145026j:plain

よく手入れされた白い壁とモザイク模様の石畳の小道が絵になる町でした。

 教会

床屋さん

小さな雑貨屋さん
看板にはSUPERMARKET SILVIA
とありましたがどう見ても小さな雑貨屋さん

坂を登り切った高台にはEl Miradorというレストランがありここから白い町が一望できました。

先ほどのお店とは違いますが、町の中にあるレストランで昼食です。

ニンニクたっぷりのスープです。
皆で食べれば臭いも気になりません?

カジキマグロのソテーです。日本の魚売り場に売ってある切り身の2倍以上ありました。レモンをかけて食べます。レモンは日本に比べ酸っぱくありませんでした。カジキマグロの味は日本で食べるそれと変わりませんでした。この後コーヒーか紅茶が飲めました。

町を下(バスの駐車場)からみた景色です。それほど大きな町ではありませんが、白壁がブルーの空に映えてきれいな町でした。
この後バスでグラナダへ約2時間の旅です。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村 JALマイル・JGC修行

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 4日目後半~5日目 ロンダ

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これから同パッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 


にほんブログ村

にほんブログ村 JALマイル・JGC修行

4日目後半~5日目 ロンダ

ロンダには夕方5時過ぎに到着しました。夕方といっても実施に日が沈むのは7時過ぎになります。ホテルに到着後、夕食の集合時間8:00までは自由時間となります。早速ロンダの町を散策です。
最初に行ったのは、メルセイ修道院
修道院で作られた手作りクッキーが購入できます。5時から6時半までの時間限定のため、ホテルに荷物を置いたら一番で出かけました。

クッキー売り場は、修道院の左奥建物の中にありました。

ここから大問題が発生、修道女の方は、人と顔を合わすこと出来ない規律があるようで壁越しに、ほしいクッキーの名前と品数を伝えなくてはいけません。壁の向こうからはスペイン語で何か言ってきますが、ボディランゲージも出来ません。パニック状態が続いた後、修道女の方も言葉が通じないことが分かったようで紙と筆記用具が出てきました。
写真左:商品のディスプレイ
写真中:回転式で料金を入れ回すと内側で料金を確認した後品物が出て来る装置
回転装置にお金と品物の名前を書いて回すと程なく商品が出てきました。
写真右:品物の料金表

土産屋で買うより安く美味しい地元のクッキーを楽しめました。

無事クッキーも購入でき、修道院側のタボ並木公園に行きました。
このまま公園の中をまっすぐ進むと渓谷の絶景ポイントがありました。

写真撮影スポットからホテル方向の風景です。100mほど下には遙か彼方まで原野が続いていました。
でも高所恐怖症の奥さまにとっては、本当に恐怖の場所だったようです。

ホテルから修道院までの町並み風景

ホテル入り口から見た道路反対側の景色です。通りには電柱や看板も無く綺麗な町並みが楽しめます。

5日目午前中は、ロンダ市内観光です。小さな町で旧市街を徒歩で観光します。

ホテルから見てヌエボ橋の道路反対側にもすばらしい景色がありました。風が無かったのでうっすらとした雲海が見られました。翌朝早く同じ場所へ行きましたが風の為、雲はかかっていませんでした。

ツアーメンバーも皆、景色に感激していました?

旧市街にある「サンタ・マリア・ラ・マヨール教会」

旧市街を散策した後、闘牛場へ行きました。ロンダは近代闘牛発祥の地でスペイン最古の闘牛場だそうです。
また闘牛場以上に青空が素晴らしかったです。雲一つ無く、濃い青色の空は日本では、体験したことのない青空でした。

闘牛場の道向こうには、闘牛場で戦った闘牛を食べさせるレストランがありました。闘牛は年に1日しか実施されない為、普段は普通のレストランのようです。

闘牛場観光が終わったところで午後は、自由行動です。いったん解散し各自で昼食タイム
ここのお店のこのテーブルで昼食を採りました。と言ってもサンドイッチとオレンジジュースでしたが。サンドイッチはトーストしたパンの間に生ハムを挟んだものでジュースは絞りたてで美味しかったです。日本のサンドイッチと違い野菜は挟まれていません。

午後は、自由行動のはずでしたが、皆で渓谷の下までマイクロバスを使い降りてゆくことになりました。

こんな感じで乗ってゆきます。参加者がもう一人でも多かったら乗り切れませんでした。冷房も効かず、搭乗口も振動で開いてしまうおんぼろバスでしたが、それがまた楽しい思い出として残っています。

こんな景色が楽しめました。遥か彼方に宿泊先のパラドールがあります。
バスが無かったらここまで降りてこられません。急遽手配していただいたコンダクターのHさんに感謝です。

続いて同じバスでアラブ浴場跡にも行きました。
見学の後は、ホテルへ戻り夕食まで自由行動になりました。
午前中観光で巡らなかった町歩きをした後、夕方には昨日の修道院へクッキーの買い足しに行ったりと最後は山間に沈む夕日を眺めながらゆったりした時間を過ごしました。

ロンダの町も白壁の建物が多くきれいな町でした。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 4日目 セビリア 

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これから同パッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 


にほんブログ村

にほんブログ村 JALマイル・JGC修行

4日目 セビリア 

ホテル「メリア・セビリア」の窓からスペイン広場の外観が見えます。歩いて行ける距離ですが昨晩は気づきませんでした。今日の観光で立ち寄ります。

宿泊ホテル「メリア・セビリア」の朝食会場、昨晩の食事よりこちらの方が・・・。メニューも豊富で盛りつけもオシャレでした。テーブルも雰囲気があります。

いつも通りの欲張り朝食です。

観光の前に時間があったのでホテル周辺を散策していたら青、緑、黄色に色分けされた巨大なゴミ箱がありました。高さ170cmはありそうです。

ホテルのロビーです。広い空間に現代的なアート作品が多数飾られていました。

セビリア最初の観光は、スペイン広場です。スペイン各県の特徴などをタイルで描いたベンチが多数ありました。

タイルで描かれた内容の内、数点について現地ガイドの方から説明がありました。

このツアーに参加されたメンバーの集合写真
左端の方は現地のガイドさんです。

カテドラルへ向かう途中に路面電車の駅がありタイミング良くオシャレな電車が到着しました。駅の側には観光用の馬車が待機していました。

ヒラルダの塔です。隣のイスラム風の宮殿アルカサルからの撮影、近くでは高すぎて全景が撮影できませんでした。エレベータはありません、自力で高さ約70mの展望台まで上ってみました。

ヒラルダの塔から見た風景です。展望台への登りは少々大変でしたがセビリアの町が見渡せ十分にその価値はありました。
手前に見える建物は、イスラム風の宮殿アルカサルです。

カテドラルには、コロンブスのお墓がありました。
黄金食の祭壇など見るところもいっぱいありました。
当日はパイプオルガンの演奏会が催されていました。ほんの少しだけその演奏を聴くことが出来ました。

観光を終え昼食場所へ向かう途中の一コマです。道にはゴミ一つ無く絵になるきれいな町並みが至る所にありました。

本日の昼食タパス料理です。一人一人の小皿料理では無く4人でシェアします。5品+デザートのアイスが出ました。何種類の料理が出るか判らないまま食べていたら、各料理のボリュームが多く最後の料理の時には皆さん箸(フォーク)が止まっていました。

タパス3皿目

ここまではお皿は空に

タパス4皿    5皿目

だいぶ残ってしまいました。

最後に出てきたデザート

ごちそうさまでした。

この後今日の宿泊地ロンダへ向かいます。

にほんブログ村 旅行ブログ 飛行機旅行・空の旅へ
にほんブログ村

 

JALパック 旅行記 魅力のスペイン周遊10日間 4日目後半~5日目( ロンダ パラドール紹介編)

intltoursearch.jal.co.jp

 上記JALパックでスペインへ行ってきました。これから同パッケージ旅行を計画している方の参考になればと忘れないうちに観光の様子を・・・ 


にほんブログ村

にほんブログ村 JALマイル・JGC修行

4日目後半~5日目( ロンダ パラドール紹介編)

当ツアー参加目的の一つであったロンダのパラドールに2泊の始まりです。セビリアで昼食の後、バスで夕方の5時ごろパラドールに到着しました。
画面右側の道路に面した側に入り口があります。左は渓谷が控えています。実際は建物と渓谷の間には遊歩道があり、私たちのような観光客が渓谷の眺めを楽しんでいます。

道路に面した側にあるホテル入り口
バスは、この手前まで、タクシーなどは両側の通路から中のロータリーまで入れます。

中に入ると外装から想像できないオシャレなガラス張りの壁と天井で赤い入り口が待っています。

ホテル内ロビー
外装からは想像できません。現代的な内装です。奥の赤い扉が入り口になります。

客室前の廊下はこんな感じです。煉瓦の壁に木製の扉でレトロな感じですが、鍵は電子キーで現代的。

部屋の中は、木を使ったシックな作りになっています。設備等は、一般的なホテルと変わりません。テラス側にソファーがあります。テーブル反対側にもソファーがありゆっくりくつろげました。

テラスには、椅子とテーブルがありました。テーブルの上には、灰皿とマッチが置かれていました。部屋の中でタバコは吸えませんが、テラスでは良いのかも?

テラスからはホテルの庭が楽しめます。庭の先には渓谷が! 部屋から直接渓谷は見えませんでした。N旅行のパンフレットでは、大きなプールがあるように見えましたが実際のプールは写真の大きさです。

庭から見た客室です。こちら側の客室からのみお庭が見えました。

対岸から見たパラドールです。こんな所に建っています。木々のある付近がホテルの庭で宿泊した部屋がある付近になります。

ロンダ到着日の夕食です。
宿泊ホテル「パラドール・デ・ロンダ」のレストランでの食事です。
食前酒としてシェリー酒がついています。
このお皿だけは、それぞれ1個づつ4人でシェアします。イメージ的には、トッピングされたクラッカーのような物

暖かい前菜です。野菜の上に乗っていた物が何か思い出せません。美味しく食べたことだけ覚えていますが!

中にムース状の詰め物が調理してあるメインのほろほろ鳥です。
柔らかく煮込んであり美味しく食べることが出来ました。それなりのボリュームがありました。

デザートです。こちらも美味しくいただけました。

パラドール・デ・ロンダの朝食会場です。夕食テーブルが翌朝の朝食テーブルになります。料理の種類は少なめですが生野菜があるのはありがたいです。

16名の参加だったのでもう1テーブルセットされていました。そのテーブルから撮った写真です。

こんな朝食にしました。今日は控えめです。

2日目の夕食、昨晩同様に宿泊ホテル「パラドール・デ・ロンダ」のレストランでの食事です。スープから始まりました。

食前酒としてシェリー酒がついていました。

お魚料理か肉料理が選べました。
こちらは魚料理です。白身魚の中にサーモン?等を包み込んだ一手間かけた料理でした。

こちらは肉料理です。お肉をローストしてありソースで食べます。どんな味だったか思い出せません。ツアーの皆で話しながら食べているといつの間にか食べてしまっていました。

デザートです。
写真だけ見ていると、こんな食事で足りたのと思えますが、二晩ともおいしくお腹いっぱい食べることが出来ました。 


にほんブログ村